5つのステップ!中古車ガイド

はじめて車を買うキミのために用意されたページ。
カーライフアドバイザーと一緒にチェックしながら、わからないことをどんどん聞けば、キミの熱意に応えるよき相談相手になってくれるぞ。

1、クルマ選び

どんなタイプに乗りたいか、どんな目的で使うか。そこから車種を絞っていこう。

1ステーションワゴン
室内が広くて荷物がたくさん積めて、それでいてスポーティに乗りこなせるタイプ。
→ステージア、プリメーラワゴン、アベニール、ウイングロードなど
2スポーティ
「走り」を楽しみたい。個性あるクルマを操る優越感と心地良さのために。
→スカイライン、フェアレディZなど
3アウトドア
レジャーに使うなら、荷物も人もたくさんのって、路面も選ばないこのタイプ。
車高が高いと全体が見渡せるので、大きくても運転がしやすい。
→サファリ、エクストレイルなど
4ワンボックス
今、一番人気があるタイプ。ワゴン、ミニバンと種類が増えている。
仲間や家族とワイワイ楽しみながら移動できるので、長距離ドライブも苦にならない。
→セレナ、エルグランド、プレサージュ、バサラ、リバティなど
5セダン
いちばん乗り心地がいいのは、やっぱりこのタイプ。お手ごろ価格からVIP用まで、幅広いラインナップが。
→シーマ、セドリック、グロリア、ティアナ、プリメーラ、ブルーバード、シルフィ、サニーなど
6コンパクトカー
小回りがきいて扱いやすい。手軽に、街乗りを楽しむなら、このタイプ。
→マーチ、キューブ、モコなど

ナンバー豆知識

普通乗用車のナンバーは3か5(7)。この違いは、クルマのサイズや排気量で決まる。
全長4700mm以上、全幅1700mm以上、全高2000mm以上、排気量2000cc以上のどれか一つでも該当すると、3ナンバー登録になる。
以前は、3ナンバーの税金は高かったが、今は5(7)ナンバーとの差はそんなになくなった。3=高級車、と敬遠することはない。

予算の立て方

車両本体価格だけでは、クルマは買えない。車種だけにこだわらず、予算とあわせて選んでいこう。
購入時にまとまった資金がない場合は、クレジットも検討してみよう。
ただし、購入後は駐車場代やガソリン代、自動車税、定期点検など維持費がかかるので、自動車以外の支払いも考えて、ムリのない範囲で支払い計画を立てよう。

任意保険の割引

補償額によって保険料が異なるのは言うまでもないが、割引や特約も知っておこう。

  • 車両保険(要・不要)
  • 運転者年齢制限特約(26歳以上など)
  • ABS割引
  • エアバッグ割引
  • 安全ボディ割引
  • エコカー割引
  • 走行距離数や使用目的に応じた割引

など。詳細は、お近くの日産中古車のお店へ。

  • クルマ選び
  • プライスボードを読む
  • 現車チェック
  • 契約から納品まで
  • アフターせービスと売却

ページトップへ